デザインや、ものづくりの分野で、日米の架け橋になることが私の夢!

デザイン工学部 デザイン工学科 生産・プロダクトデザイン系 3年※学年は取材時のものです。

大石 美樹さん

東京都 富士見中学高等学校 卒
クラブ・サークル: 芝浦会(ダンスサークル)

大学で学んでいること・
学生生活

幼少の頃9年間アメリカで暮らしていました。その際に身につけた英語力をさらに伸ばしたいと思い、海外の学生と一緒に取り組むワークショップに参加するなどして、英語力を磨いています。またダンスサークルの活動や、趣味の写真撮影にも力を入れています。今だからできることに、全力でチャレンジしています!

子どものころから絵や工作が大好きでした
専門書がそろった図書館。よく利用します
入学後はダンスをすると決めていました!

将来の夢・目標

大学での授業やサークル活動などを通して、自分は人とコミュニケーションすることが好きだと実感しました。そのような力を伸ばし、語学力も活かして、将来は日本とアメリカの架け橋になるような仕事に就きたいと思っています。たとえば、日本の優れた製品をアメリカで広めるような仕事に興味があります。

この分野・
芝浦工業大学を選んだ理由

「美しさ」と「機能性」を併せもつ工業系のデザインに興味がありました。理数系科目は苦手でしたが、「苦手科目があるから進まない」ではなく、「学びたい分野だから進学する」と考えて、芝浦工業大学に決めました。

大学・分野選びの視点・
アドバイス

面倒見がいい先生が多いことが本学の魅力。勉強の進み具合を気にかけてメールしてくださったり、課題に行き詰っていると参考資料をいただけたりと、とても親切。学生同士の仲もいいので、楽しい学生生活を送れます!

私のタイムスケジュール

 
1時限9:00- 10:40      
2時限10:50- 12:30   デザインマネジメント  
3時限13:10- 14:50行政法生産システムマネジメントライティングプロジェクト演習機構デザイン 
4時限15:00- 16:40 コストマネジメント人間工学プロジェクト演習  
5時限16:50- 18:30 エモーショナルデザイン プロジェクト演習  
6時限18:40- 20:20      

これは3年次の時間割です。印象的だったのは1年次に履修した『造形演習』。直線の引き方や楕円の描き方などを基礎から学ぶことで、デッサン力が向上しました。絵やデザインを学んだことがない人も安心して学べます。

※このページの情報は、すべて取材した時点でのものになります。