学んでいる建築の知識と技術を、社会に役立てたいと思っています!

建築学部 建築学科 3年※学年は取材時のものです。

須藤 育代さん

東京都 都立小松川高等学校 卒
クラブ・サークル: 国際交流サークルSISA

大学で学んでいること・
学生生活

ものづくりに関わる仕事に就きたいと考え、「せっかくつくるなら大きいものをつくりたい!」という思いから、建築学科を選びました。大学で学ぶことで、建築業界にも様々な業種や職種があると知り、今は進路を模索している最中です。設計や施工管理など、幅広い業務にチャレンジできる会社に行きたいと考えています。

建築に関する幅広い知識を学習しています
留学や国際交流に積極的な大学です
サークルで留学生との交流を楽しんでいます

将来の夢・目標

住宅建築、街づくり、ライフスタイルを見据えた暮らし方の提案……。学ぶにつれて興味の幅が広がり、専門的に研究してみたいことをまだ絞りきれません。でも、いずれにしても人や社会に貢献できることを研究したいと思っています。そして就職した後は、自分が大学で得た知識や技術を、社会に還元できたらと思っています。

この分野・
芝浦工業大学を選んだ理由

オープンキャンパスで話した先輩方が明るくて、学生同士の仲が良い印象だったので進学を決めました。芝浦工業大学の授業はグループで学ぶ機会が多いので、学科のメンバーが仲良くなりやすいのだと思います。

大学・分野選びの視点・
アドバイス

「大学でぜひやってみたい!」ということをイメージしてから入学することをオススメします。私は外国人の友達をたくさんつくりたかったので、異文化交流のサークルに参加。たくさんの国の人と、仲良くしています!

私のタイムスケジュール

 
1時限9:00- 10:40      
2時限10:50- 12:30     建築法規
3時限13:10- 14:50   建築経済  
4時限15:00- 16:40 CAD演習2ゼミナール   
5時限16:50- 18:30 CAD演習2ゼミナール   
6時限18:40- 20:20      

建築の仕事に携わるには、ものづくりの知識だけでなく、人のライフスタイルや地域環境、文化などの知識も必要。幅広い知識を学びたいと思っています。今後は2・1級建築士の資格取得に向けた勉強も本格化します。

※このページの情報は、すべて取材した時点でのものになります。