学生生活サポート

初めてひとり暮らしをする人、学力に不安のある人、留学を考えている人など、芝浦工業大学では一人ひとりの学生に対して様々なサポートを行っています。

学習サポート室

基礎的な学びに対する支援などを行う「学習サポート室」を学部ごとに設けています。授業でわからなかったことなどについて、担当の教員や大学院生がわかりやすく丁寧に指導。1~2年生を中心に、多くの学生が気軽に利用しています。

工学部

科目ごとに効率良く基礎固め

工学部の共通科目を担当し、実際に指導している教員が質問などに対応。学力に応じた補助教材を紹介するほか、授業内で行った小テストの答え合わせや解説なども行い、授業の復習と理解度を深めるサポートをしています。

システム理工学部

学習相談員には現役の大学院生も

システム理工学部出身の大学院生が常駐し、学習相談員として対応しています。また、教員2名体制の英語学習サポート室も開室され、学生は予約なしで自由に相談することができます。

デザイン工学部

TOEIC対策に効果的なサポートを用意

多くの学生が課題としているのがTOEICのスコアアップ。そこでデザイン工学部サポート室では、TOEIC対策セミナーを中心に、さまざまな学習支援活動を行っています。他にも、学生のニーズなどをもとに、毎年新たなサポートプログラムを企画しています。

建築学部

4年間利用できる学習サポート室

専門科目の土台となる数理基礎科目(数学・物理・化学)と英語科目を中心に、基礎学力と学習意欲の向上を支援します。豊洲キャンパス一貫教育を展開する建築学部では、1~2年生だけでなく3~4年生もTOEICスコアアップなどの英語学習に学習サポート室を利用することができます。

クラス担任制度

本学では各学科・各学年にクラス担任を配置しています。入学から卒業までの4年間、学業に関することはもちろん、日々の暮らしや卒業後の進路に関する相談にも親身になって応えます。

TA制度

実験、実習、演習などの科目が多数配置されている本学では、専任教員の業務を補助し、より質の高い教育を行うために「ティー チング・アシスタント(TA)」の採用を制度化しています。大学院生を対象とするこのTA 制度は、大学院生が将来、教員、研究者、技術者 となるためのトレーニングの機会も提供しています。

留学先でのサポート

ご家族の方も安心して留学に送り出せるよう、渡航先の選定にあたっては、衛生環境や治安等、安全面にも配慮した上でプログラムを計画しています。多くのプログラムにおいては教職員が引率を行い、学生をサポートします。また、海外旅行保険はもちろん、24時間365日日本語で相談できる安心ダイヤルのサポートへの加入も必須としていますので、不測の事態への備えも万全です。

SIT Buddy(バディ制度)

慣れない日本での学生生活で、困ることも多い留学生。「履修登録の仕方が分からない」「公的手続きはどこですればいいの?」「奨学金の申請方法が知りたい」「観光スポットに誰か連れて行ってくれないかな」などなど。そんな留学生たちをBuddy(=相棒)となってサポートし、異文化交流や自分自身の海外留学の参考にすることができる制度です。SIT Buddyはシステム理工学部 国際コースの科目の一つですが、学科を問わず参加することが可能です。

SAFEシステム

学生生活を送る間にはいろいろな出来事があります。場合によっては、不運にも、経済的な面で学業の継続を阻害するようなことがあるかもしれません。「芝浦工業大学学生総合保障制度」(SAFEシステム)は、このような事態にも細かく対応し、安心して学業を続けられるように設けられた制度です。本制度は奨学金制度と2種類の保険制度から構成されており、保険制度は学業等活動中の補償と日常生活上の補償との2面の構成となっています。

健康メンタルサポート

学生生活を送る上でのさまざまな悩みや心配事には、学生相談室の経験豊富なカウンセラーが相談に応じます。また、ご家族に対しても24時間対応の「健康相談・カウンセリング(テレホンサービス)」の外部窓口(健康相談ダイヤル)を設置し、学生・ご家族の健康・メンタルサポートに努めています。

アパート・マンションなど
お部屋の紹介

ひとり暮らしのためのお部屋は、大宮キャンパスの本学消費生活協同組合(生協)でご紹介しています。「安心」「安全」「納得」のお部屋探しができるように年間を通じて窓口を開設。2~3月は大宮に特設会場を設け、先輩在学生が親身にアドバイスします。また、豊洲キャンパスへの通学圏内の不動産は、芝浦工業大学の事業法人が運営するWebサイト「テックルーム」でも探すことができます。

SITポートフォリオ

学修行動や課外活動、キャリア開発の履歴・成果を電子的に蓄積するeポートフォリオ。本学の「SITポートフォリオ」は、ポートフォリオへの記入が学生の過度の負担にならないよう、すでに大学にある学生のデータを集約し、ダッシュボードとして表示します。専用のポータルサイトにアクセスすると、これまでの学修履歴がグラフなどによって視覚化して表示され、単位の取得状況からGPA(Grade Point Average)、出欠席の状況まで一目で把握することが可能。学生が自らの学びを振り返るだけでなく、教職員とも情報を共有でき、適切かつ具体的な学生指導につながっています。

チャットボット

コンサルティングファーム大手のボストンコンサルティンググループと共同し、学生からの質問にLINEを通じて回答するチャットボット「SIT-bot」を開発しました。大学の施設や制度に関する疑問、キャンパスライフでの困りごとなどに、いつでもどこでも即座に回答します。このチャットボットの開発には学生たちも参加し、AIの進化に少なからず貢献しました。

父母懇談会の実施

毎年8月下旬から9月の土曜日、日曜日、祝日に全国主要都市にて父母懇談会を開催しています。大学の取り組みや現状について説明するとともに、ご参加いただいたみなさまからのご意見・ご質問などをお受けしています。

父母懇談会の内容

  1. 全体会大学の現状や財政状況をご説明します。就職担当者からは、グラフや写真を用いて大学の就職状況や就職活動のアドバイスなどをお話いたします。
  2. 学科別グループ懇談・個別面談学科ごとのグループ懇談後には教員との個別面談を行い、成績通知書をもとに単位の取得状況や学生生活、進路など、疑問に思われることについてのご相談が可能です。
  3. 学生生活、大学院進学、就職相談コーナー大学生活や大学院進学、留学、就職について、担当の職員(学生課、大学院課、キャリアサポート課)との個別相談ブースを設置しています。

〈開催地例〉札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、長野、名古屋、広島、福岡

全国から学生が入学している芝浦工業大学では、多くの方々にご参加いただけるよう、
札幌から福岡までの全国各地で開催しております。

2019年度実績 全国10都市で13回開催 総出席者数延べ2,255名