工学部材料工学科

材料工学の分野を網羅し、オリジナリティある研究を展開

さまざまな材料や新素材を対象に、製法、物性、加工などの講義と演習 · 実験を豊富に組込み、マンツーマン教育を実施。金属合金、無機、有機、セラミックスなどに加え、先端材料の生成プロセス、構造、 物性を研究し、新たな材料の創製をめざしています。

概要をもっと読む

キャンパス

1・2年次
大宮キャンパス埼玉県さいたま市見沼区深作307
3・4年次
豊洲キャンパス東京都江東区豊洲3-7-5

4年間の流れ

※2021年度実績

1年次学科共通の基礎科目を学ぶ

材料工学通論

材料工学科の各研究室で行われている研究の概要を理解するための授業です。材料工学科の全教員が各分野の最先端の研究を紹介することで、研究の面白さを理解します。

2年次講義と演習、実験でバランスよく知識と経験を増やす

セラミックス

電子部品や光学素子としての用途をはじめ、その需要が飛躍的に伸びている新素材がセラミックスです。その新たな機能と構造を学び、産業における応用面全般を理解します。

3年次実験を中心に、さらなる専門知識の修得をめざす

ゼミナール 1・2

本格的な研究へ向けて専門知識を充実させるために10 人程度のグループに分かれて教員と個別形式で専門書や学術論文の輪読、文献調査、予備的な実験などを行います。

カリキュラム
1年次
材料工学入門/材料熱力学 1・2 /材料工学通論/材料組織学/材料力学/材料の化学 1・2 /基礎弾塑性論/材料統計力学/材料化学演習 1・2
2年次
材料電磁気学/反応速度論/弾塑性論/図学と機械製図および演習/セラミックス/材料熱力学および演習/接合工学/基礎有機材料/固体物理/基礎結晶構造学/材料科学実験/生体材料工学入門
3年次
材料工学実験 1・2 /材料基礎実験 1・2 /ゼミナール1・2 /固体物性論/資源とエネルギー/材料破壊力学/複合材料/応用有機材料/非鉄金属材料/表界面の物理化学/量子物性論/生体材料工学/腐食・防食学
4年次
研究室に所属して卒業研究
取得可能な資格や免許
資格
  • ★ 過程履修資格(所定の科目を履修することで、卒業と同時に無試験で取得できる資格)
  • ▲ 資格取得にあたり、受験資格などの必要な条件の一部が免除または緩和される資格
  • ■ チャレンジできる資格
教育職員免許状

研究室PICKUP

在学生の声

卒業すると

材料はすべての工業製品の基礎なので、就職先についても金属、有機、セラミックスなどの素材メーカーだけでなく、電機、自動車、印刷、重工業など幅広い領域・業種への就職実績があります。

就職・進学の割合
進学58.9%
就職38.8%
その他2.3%

※2020年度卒業生実績

主な就職先

  • 陸運業:東海旅客鉄道(株)、東急電鉄(株)
  • 機械:ダイキン工業(株)、日本精工(株)、NTN(株)
  • 輸送用機器:トヨタ自動車(株)、本田技研工業(株)、(株)SUBARU、(株)総合車両製作所、昭和飛行機工業(株)
  • 非鉄金属:古河電気工業(株)
  • 金属製品:日本発条(株)、東プレ(株)
  • 建材:(株)LIXIL
  • 情報・通信業:東日本電信電話(株)
  • 電気機器:浜松ホトニクス(株)
  • 公務:千葉市役所

大学院進学者の主な就職先

  • 輸送用機器:(株)SUBARU、スズキ(株)、いすゞ自動車(株)
  • 電気機器:三菱電機(株)、キヤノン(株)、京セラ(株)、日本電産(株)
  • 鉄鋼:日本冶金工業(株)
  • 化学:(株)スリーボンド
  • 非鉄金属:三菱マテリアル(株)
  • ガラス・土石製品:AGC(株)
  • 電気・ガス業:東京電力ホールディングス(株)

卒業生の声