工学部情報通信工学科

ネットワーク、メディア、情報処理などの技術を体系的に学修

5G や IoT などの情報通信技術につながる科目を基礎から学べ、豊富な実験科目でものづくりの楽しさを体験できます。研究分野は光・無線通信、情報ネットワーク、脳・生体情報、センサ、音響、画像・映像メディア処理、AI(人工知能)応用など多岐にわたります。

概要をもっと読む

キャンパス

1・2年次
大宮キャンパス埼玉県さいたま市見沼区深作307
3・4年次
豊洲キャンパス東京都江東区豊洲3-7-5

4年間の流れ

※2021年度実績

1年次実験を中心に、ハードウェアとソフトウェア両面から基本技術を修得

情報通信基礎実験 A

C 言語の実習を通してプログラミングの基本やアルゴリズムを学び、情報通信工学に関するプログラミングも体験するとともに、センサ回路の製作を通じてハードウェアの基本を学びます。

2年次実験を通して情報通信の原理を学び創出の基礎となる知識を修得する

情報通信基礎実験 D

情報通信基礎実験 A ~ C で身につけた技術をベースに簡易的な光通信回路を設計・製作します。この実験を通して、通信技術において重要な変調・復調技術を中心に学びます。

3年次さらに高度な情報通信技術を理解する

情報通信応用実験 A・B

コンピューティング、ネットワーク、音響、光通信、無線通信の各専門分野の実験をグループワーク形式で行います。レポート作成法とプレゼンテーションスキルも体得し、卒業研究を行うためのノウハウを学びます。

カリキュラム
1年次
情報通信基礎実験 A・B /情報処理概論/情報処理基礎/電気回路基礎
2年次
情報通信基礎実験 C・D/情報処理 1/情報理論/情報通信ネットワーク/基礎電子回路/応用電子回路/回路設計演習/論理設計
3年次
情報通信応用実験 A・B /情報通信ゼミナール/メディア情報工学/パターン認識/音響工学/セキュアネットワーク/通信方式/移動通信工学
4年次
研究室に所属して卒業研究
取得可能な資格や免許
資格
  • ★ 過程履修資格(所定の科目を履修することで、卒業と同時に無試験で取得できる資格)
  • ▲ 資格取得にあたり、受験資格などの必要な条件の一部が免除または緩和される資格
  • ■ チャレンジできる資格
教育職員免許状

研究室PICKUP

在学生の声

卒業すると

人・モノ・コトをつなげる情報通信技術。卒業生は、情報産業、通信、インターネット、放送などのサービス業や製造業で活躍しています。

就職・進学の割合
進学30.8%
就職65.4%
その他3.7%

※2020年度卒業生実績

主な就職先

  • 情報・通信業:(株)NTTドコモ、東日本電信電話(株)、富士ソフト(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、(株)日立システムズ、(株)JR東日本情報システム、(株)アルファシステムズ
  • 電気機器:日本電気(株)、キヤノン(株)、富士通(株)、日本アイ・ビー・エム(株)、TDK(株)、シャープ(株)、沖電気工業(株)
  • 電気・ガス業:北陸電力(株)
  • 陸運業:東日本高速道路(株)

大学院進学者の主な就職先

  • 情報・通信業:東日本電信電話(株)、KDDI(株)、ソフトバンク(株)、東芝デジタルソリューションズ(株)
  • 電気機器:日本電気(株)

卒業生の声