Biomechanism Laboratory

人の身体運動の理解をめざして

人の身体運動は、筋が収縮し、腱を介して骨を動かし、関節運動を引き起こすことで発現します。それ故、人の筋や腱を一つの材料として捉え、それらの特性を明らかにすることは、人の身体運動を理解する上で重要です。当研究室では、超音波診断装置、MRI装置等を用いたヒト生体の筋腱の実測を通じて、人の身体運動に対する理解を深め、人工筋肉や義肢装具の開発等に役立つ知見の獲得をめざします。

学べる分野

●スポーツ・健康科学
●医用生体工学

社会のために

より効果的なトレーニング・ストレッチングプログラム等を策定し、人々のQOLの向上や障害予防等に貢献します。また、人工筋肉の開発等、リハビリテーション分野への応用も期待されます。

研究テーマ例

●ストレッチングが筋硬度に及ぼす影響
●筋硬度の加齢変化
●スマートデバイスを用いた運動フォーム支援

学部/学科: システム理工学部/生命科学科(生命医工学コース)
担当教員: 赤木亮太
所属学会: 日本体力医学会/バイオメカニズム学会/日本バイオメカニクス学会
ページトップに戻る