Geotechnical Engineering Laboratory

地圏を取り巻く技術・防災・環境・経済の融合に挑む!

当研究室では、自然社会環境と調和した地盤構造物ならびに社会基盤構造物を管理・整備することで、未来の人類が持続可能な都市基盤・都市環境を継承・開拓できることを研究目標としています。そのため、私たちの生きている地球に今日生じている、また将来生じる可能性がある様々な自然災害に強く適応した地盤構造物ならびに社会基盤構造物の創造・開発に貢献できる研究活動を実施しています。

学べる分野

●土木工学
●環境工学
●建設マネジメント
●地盤工学
●地盤環境工学

社会のために

地盤の防災・環境問題や持続的発展のためには、広域にわたって整合性のある複合施策の発案ならびに実施できる人材が必要です。当研究室は地盤防災・地盤環境問題の複雑性と広がりを、従来の基礎科学の上に立って展望・開拓し得る人材育成の一翼を担っています。

研究テーマ例

●防災・環境保全を両立する地盤改良技術の開発
●地震時における地盤・地下水汚染の動態評価手法・対策技術の高度化
●廃棄物処分場のライフサイクルにおける遮水技術・評価手法の開発ならびに体系化

学部/学科: 工学部/土木工学科
担当教員: 稲積真哉
所属学会: 土木学会/地盤工学会/日本材料学会/日本粘土学会/廃棄物資源循環学会/日本建設機械施工協会/International Society for Soil Mechanics and Geotechnical Engineering/GEOMATE International Society
ページトップに戻る