Construction Management and Building Production Laboratory

実際の現場に行って考える。実際のものづくりを通して考える。

これからの建築は、住む人の健康、環境負荷の低減に配慮する必要があります。これらに対する研究のアプローチはさまざまですが、当研究室は、「現場」で実際に行われていることを調査・分析し、考察することをモットーにしています。夏合宿では、古い建物の修復などを実際に行いながら、ものづくりのあり方について学びます。

学べる分野

●建築学
●デザイン工学
●住居学
●経済学

社会のために

当研究室では、他大学や企業、行政、業界団体、NPOなどさまざまな共同研究を行っています。それは技能の承継や評価、リフォームの普及方策、木造建築の新技術など、基礎的でありながら実社会に役立つテーマです。

研究テーマ例

●木造住宅の生産技術や大工技能に関する研究
●建築生産システム、建築技術に関する国際比較研究(米国、英国、東南アジア諸国、韓国他)
●工業化住宅の現場生産性の向上方策に関する研究
●建設技能労働者の処遇や専門工事業の機能に関する研究

担当教員: 蟹澤宏剛
所属学会: 日本建築学会
ページトップに戻る