Laboratory of Project Management for Construction

建築にかかわる仕事の未来を創造する

建物を効率よく建設するためにはどうすればよいでしょうか。長きにわたり愛され続ける建物にするためにはどうすればよいでしょうか。建築生産マネジメント研究室では、このような問題意識に対して多様な切り口で研究に取り組んでいます。特に、世界中で普及しつつある建物をデジタルデータ化するBIM(Building Information Modeling)を用いて建物の設計、施工、メンテナンスの生産性を向上させるテーマでは、現状の課題分析や海外の事例も学びつつ、最先端の技術や考え方を研究しています。

学べる分野

●建築学
●社会科学
●技術経営学
●建築情報学

社会のために

建築に携わる全ての人々が活き活きと働き続けることができる環境を目指して工学的な知見に社会科学の視点も加えて研究をしています。

研究テーマ例

●建物のデジタルデータを設計やコスト管理に用いるための方法や技術
●欧米や東南アジアにおける施工技術やBIMの最新動向の調査
●BIMを利用した建物のライフサイクルマネジメントの高度化
●建築工事現場の実態調査と解決方策の検討

担当教員: 志手一哉
所属学会: 日本建築学会/建築情報学会/日本開発工学会/日本ファシリティマネジメント協会/日本建築積算協会
ページトップに戻る