Architecture and Landscape Design Laboratory

建築設計の領域を広く意識し、都市やランドスケープとの関連性を追求する

建築が都市や風景の一部として認識されるためには、社会や歴史との関係性が重要になります。建築のデザインをする上では、歴史の調査やフィールドワークから得る敷地の分析も大切なデザインの要素と考え、建物のみならず、環境やランドスケープを含む建築の周辺に至るまで意識を広げた研究を目標とします。さらに、広い視野を持って建築設計を行うべく、多様な建築文化に着目し、より多くの海外建築の事例を研究し、また海外の建築家との交流も目指します。

学べる分野

●建築学
●ランドスケープデザイン学
●都市空間デザイン学
●スペイン建築学

社会のために

人にとって、社会にとって、自然にとって、また歴史にとって必要とされる建築とは何かを考え、公共性に着目した建築デザインとランドスケープデザインを提案します。

研究テーマ例

●建築のコンバージョンに関する研究
●建築とランドスケープデザインの融合に関する研究
●バルセロナおよびスペインの都市における公共性に関する研究

担当教員: 小塙芳秀
ページトップに戻る