LABORATORY GUIDE

物質・化学系

ものづくりの基盤となる材料や化学物質の可能性を考える学系。分類されるのは、材料工学科と応用化学科の2学科です。材料工学科は、ものを構成する材料を研究し、新材料の設計・開発・評価を行います。応用化学科は、物質の本質を分子レベルで探る「化学」を応用し、生活に欠かせない物質や材料をつくり出します。

ページトップに戻る