システム理工学部電子情報システム学科

AI・IoT時代の的確なシステムを構築できる価値創造型ディジタル人材の育成

システムアプローチによるイノベーションにより人工知能や IoT 時代の超スマート社会(Society5.0)をつくるシステム志向のエンジニアを育成します。ソフトウェア、メディア・ネットワーク、ハードウェア分野の広い裾野の専門知識の修得を縦糸とし、システム工学手法の修得を横糸として、実験や演習を通じてそれらを実践的に身につけるとともに、技術者としての倫理観・コミュニケーション力を鍛えます。

概要をもっと読む

キャンパス

1ー4年次
大宮キャンパス埼玉県さいたま市見沼区深作307

4年間の流れ

※2020年度実績

1年次基礎科目と実験や演習により、学んだ知識を実践的に深める

情報処理Ⅱ

プログラミング言語の修得には、学生の主体的な学修が重要。反転授業を取り入れ、事前ビデオによる自主学習を促すことで、C言語スキルの体得をめざします。

2年次高度なプログラミングなど実践に役立つ科目を履修

電子情報基礎実験

電子・情報系で一般に必要とされる実験技術の基礎として、回路図をもとに基本的な電子回路を組み立て、その測定結果をもとに動作を解析し説明できる力を身につけます。

3年次演習により知識だけでなく、コミュニケーション力を養う

情報実験Ⅱ/電子情報実験Ⅱ

半期で開発可能なソフトウェアをグループで開発し完成に至る過程を学びます。マイクロコンピュータと電子回路を組み合わせ「ものづくり」を行いシステム構築法を学びます。

カリキュラム
1年次
創る/電子情報システム総論/情報処理I・Ⅱ及び同演習/離散数学/CG・画像処理基礎/情報通信基礎/電気回路Ⅰ/LSI設計基礎/Introduction to Embedded Programming
2年次
システム工学A・B及び同演習/電子情報基礎実験/データ構造とアルゴリズムI・Ⅱ/オブジェクト指向プログラミングI・Ⅱ/情報理論/ネットワークアプリケーション/マイクロプロセッサ/Embedded Systems
3年次
システム工学C及び同演習/情報実験I・Ⅱ/電子情報実験I・Ⅱ/オペレーティングシステム/人工知能基礎/パターン認識/信号解析/画像処理/情報ネットワーク/情報セキュリティ/ICT/宇宙観測技術
4年次
総合研究Ⅰ・Ⅱ(卒業研究)
取得可能な資格や免許
資格
  • ■プロフェッショナルエンジニア(PE)
  • ▲CAPM
  • ■PMP
  • ■情報処理技術者(各種)
  • ■電気通信主任技術者
  • ■工事担任者
  • ■画像処理エンジニア検定
  • ■CGエンジニア検定
  • ■環境マネジメントシステム審査員
  • ■技術士
  • ■技術士補
  • ★ 過程履修資格(所定の科目を履修することで、卒業と同時に無試験で取得できる資格)
  • ▲ 資格取得にあたり、受験資格などの必要な条件の一部が免除または緩和される資格
  • ■ チャレンジできる資格
教育職員免許状

研究室PICKUP

卒業すると

ソフトウェアからハードウェアまでの幅広い知識を生かし、多くの卒業生が情報通信産業や製造業に、システムエンジニアとして就職しています。

就職・進学の割合
進学14.0%
就職80.4%
その他5.6%

※2019年度卒業生実績

主な就職先

  • 電気機器:日本電気(株)、富士通(株)
  • 陸運業:東日本旅客鉄道(株)
  • 情報・通信業:富士ソフト(株)、NECソリューションイノベータ(株)、(株)インターネットイニシアティブ、(株)ビット、(株)エヌ・ティ・ティ・データ、ユニシステム(株)、三菱電機インフォメーションネットワーク(株)、(株)NTTデータ・アイ、(株)NEC情報システムズ、NECネッツエスアイ(株)、日本放送協会、(株)カプコン、鉄道情報システム(株)
  • サービス業:楽天(株)

大学院進学者の主な就職先

  • 電気機器:セイコーエプソン(株)
  • 輸送用機器:本田技研工業(株)

卒業生の声