システム理工学部生命科学科 生命科学コース

老化現象に焦点を当て、そこにある謎を科学的に解明

生化学、微生物学、生理学等の基礎科目を学び、さらに、医薬、化学、食品、環境等の分野の技術者をめざし、免疫学、栄養学、医薬品合成化学等の科目を選択します。研究室では、老化の原因追究と予防法の開発など社会のニーズに合った課題に取り組みます。

概要をもっと読む

キャンパス

1ー4年次
大宮キャンパス埼玉県さいたま市見沼区深作307

4年間の流れ

※2020年度実績

1年次学科共通の基礎科目を学ぶ

生理学Ⅰ

生理学とは何かを理解し、ヒトの体液、細胞、中枢神経、血液、消化器系、循環器系など臓器・器官の配置や機能を学び、各臓器・器官と疾患との関係について理解を深めます。

2年次めざす方向別の履修モデルに沿って学ぶ(医薬品・化粧品、食品分野など)

食品栄養学

日常の食生活での食品からの栄養素の摂取、その栄養素の生体内での利用、栄養素の質や量の身体への影響、食品を構成する栄養素と各栄養成分の機能について学習します。

3年次実験を中心に、さらなる専門知識の修得をめざす

医薬化学概論

医薬品合成における反応や分子構造の構築法、「逆合成」の考え方、合成の過程で必要な「保護基」、医薬品の骨格や官能基が薬理作用に果たす役割などを学習します。

カリキュラム
1年次
解剖学/生命科学概論/生理学Ⅰ/分析化学/有機化学Ⅰ/医学概論/物理化学/無機化学/創る/情報処理Ⅰ・Ⅱ/情報処理演習Ⅰ・Ⅱ/Basic Biological Experiments
2年次
システム工学A・B/微生物学/食品栄養学/生化学/発生遺伝学/環境化学/環境生物学/有機化学Ⅱ/生理学Ⅱ/生命統計学/Advanced Bioscience/生命科学実験A・B/グローバル課題解決実習
3年次
生体高分子工学/細胞生理学/応用生物工学/医薬化学概論/公衆衛生学/医用画像工学/生体材料学/生命倫理/生命科学実験C/応用生命科学実験/キャリアデザイン/インターンシップ
4年次
総合研究Ⅰ・Ⅱ(卒業研究)
取得可能な資格や免許
資格
  • ▲CAPM
  • ■PMP
  • ■情報処理技術者(各種)
  • ■公害防止管理者
  • ■環境計量士
  • ■環境マネジメントシステム審査員
  • ■臨床工学技士
  • ■第一種放射線取扱主任者
  • ▲毒物劇物取扱責任者
  • ■食品衛生責任者
  • ■第一種・第二種衛生管理者
  • ■危険物取扱者(乙種・甲種)
  • ■臭気判定士
  • ■作業環境測定士(第一種・第二種)
  • ■上級・中級バイオ技術者認定
  • ■技術士
  • ■技術士補
  • ★ 過程履修資格(所定の科目を履修することで、卒業と同時に無試験で取得できる資格)
  • ▲ 資格取得にあたり、受験資格などの必要な条件の一部が免除または緩和される資格
  • ■ チャレンジできる資格
教育職員免許状

研究室PICKUP

在学生の声

卒業すると

食品、医療、バイオテクノロジーなどの関連企業を中心に、広く化学工学分野の商品の企画開発、商品技術セールス、MR(医薬情報担当者)などの仕事への就職や大学院進学が期待されます。

就職・進学の割合
進学27.5%
就職66.7%
その他5.9%

※2019年度卒業生実績

主な就職先

  • 医療品:ゼリア新薬工業(株)、日本ジェネリック(株)、日東メディック(株)
  • サービス業:(株)新日本科学PPD、シミック(株)、イーピーエス(株)
  • 食料品:山崎製パン(株)、(株)武蔵野ホールディングス、日本食研(株)、わらべや日洋(株)
  • 不動産業:スターツコーポレーション(株)
  • ガラス・土石製品:東海カーボン(株)
  • 化学:(株)ドクターシーラボ
  • 情報・通信業:(株)JR東日本情報システム、(株)NTTデータNJK

大学院進学者の主な就職先

  • 医薬品:大塚製薬(株)、わかもと製薬(株)、小野薬品工業(株)、ニプロファーマ(株)
  • 食料品:キユーピー(株)、(株)明治、敷島製パン(株)、(株)ニチレイフーズ