電子情報システム学科

学科の特色と求める人物像

学科の特色

基本理念

インターネットの爆発的普及や情報機器・電子機器の進歩に代表される今日の技術文明の隆盛は、まさに電子情報システムの進歩によるものです。こうした技術を全面的に支える基盤として、電子情報システム学科では、情報工学、通信工学、電子工学など複数の工学分野に立脚した幅広い技術領域を網羅しています。電子情報システム学科は、電子情報技術という幅広い分野に対する基礎知識を身につけた上で専門とする分野をもち、技術的・社会的要求に対して、創造的かつ的確なシステムを構築することのできる人材の育成をめざしています。このため、電子情報システム学科では、ソフトウェア分野、メディア・ネットワーク分野、ハードウェア分野を総合的かつ統合的に学修できるように教育・研究を行っています。

学修・教育目標

  1. 広い裾野を持った専門的知識の修得: 電子情報システム学科では、「ソフトウェア技術」、「メディア・ネットワーク技術」、および「ハードウェア技術」のいずれかの分野に基盤をおき、それ以外の2分野を包含する幅広い裾野をもった基礎的知識と深い専門知識を身につけます。
  2. 知識の修得から実践へ: 知識を単に「知っている」というレベルにとどめることなく、さまざまな演習・実験などによる実践を通じて、問題を自ら発見し、解決に向けての方策を探るための「使える知識」を身につけます。
  3. システム志向のエンジニア: 現実の問題と対象の性質を把握し、抽象化・モデル化する「システム思考」、モデルを解析することにより最適な解決方法を探り、その方法に基づきシステムを実現する「システム手法」、そしてシステムを現実的な問題解決のために適正に管理運営する「システムマネジメント」、これらの能力を備えたシステム志向のエンジニアをめざします。
  4. 技術者としての倫理観の修得: 社会人、および技術者としての倫理観に基づき、実社会において技術者としての責任を果たす能力と技術と社会のかかわり合いについて技術者の立場から考える力を身につけます。
  5. 技術者としてのコミュニケーション能力の獲得: 技術者としてふさわしい水準の日本語および英語を用いたコミュニケーション能力を身につけます。

求める人物像

幅広い電子情報技術分野を実践的に学ぶ電子情報システム学科では、以下のような人物の入学を求めています。

  1. ソフトウェア、メディア・ネットワーク、ハードウェアなどの学問分野に強い興味をもち、幅広い基礎知識を主体的に学び、専門性を極める積極的かつ自主的学習意欲をもつ人

  2. 情報を収集・分析して、解決すべき問題の発見に優れた能力をもち、問題解決に意欲をもつ人
  3. 基本的な論理的思考力・理解力・表現力を身につけた人

  4. 高度な技術と見識、高い倫理観を持った職業人として社会に貢献することをめざす人

上記に賛同し、本学科への入学を希望する人は、高等学校等において以下の能力等を身につけておくことが望まれます。

  1. 高等学校等の課程で学ぶ知識・技能(特に外国語、数学、理科)

  2. 思考力・判断力・表現力等の能力
  3. 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ能力

試験

選考方法

「求める人物像」に基づき、以下の試験により多面的総合的に評価します。

    1. 小論文/60分

    電子情報システムに関連する技術的、あるいは、社会的課題に関するものより出題します。

    1. 面接(口頭試問含む)/30分程度

    調査書・自己推薦書、小論文の内容に関する質疑、および、基礎学力に関する質問と、志望動機、入学後のプラン、将来ビジョン(こころざし)等を確認します。

選考のポイント

調査書・自己推薦書に基づく基礎学力・志望動機、小論文における知識・論理的思考力・表現力、面接(口頭試問含む)におけるコミュニケーション能力・本学で学ぶ強い意思、といった観点に基づき、学科の基本理念・求める人材像に対する適性を総合的に評価します。

試験時間

表は横にスクロールして閲覧できます

試験科目 試験時間
小論文 10:00~11:00
休憩 11:00~12:30
面接(口頭試問含む) 12:30より順次
ページトップに戻る